産経フォト

日本海側、センター試験初日の13日も大雪 上空5千メートルに氷点下41度の寒気

ニュース

日本海側、センター試験初日の13日も大雪 上空5千メートルに氷点下41度の寒気

更新 sty1801120020
 車に降り積もった雪を下ろす男性=12日午後、富山市  車に降り積もった雪を下ろす男性=12日午後、富山市
 雪が降り積もった福井駅前=12日午後
画像を拡大する
 雪が降り積もった福井駅前=12日午後フルスクリーンで見る 閉じる

 強い冬型の気圧配置の影響で、12日も日本海側を中心に大雪となった。気象庁は、大学入試センター試験初日の13日も大雪が続くとして、雪や路面凍結による交通障害、雪崩への警戒を呼び掛けた。近畿北部や山陰は14日も注意が必要だ。
 気象庁によると、12日夕の積雪は、新潟市が平年の約11倍となる76センチ、富山県氷見市が約6倍の56センチ、石川県輪島市が約7倍の44センチ。北陸を中心に平年の数倍となる地点が目立った。12日夕までの24時間で50センチ以上の降雪を観測した地点も相次いだ。

 金沢市内に積もった雪と雪かきをする住民ら=12日午後
画像を拡大する
 金沢市内に積もった雪と雪かきをする住民ら=12日午後フルスクリーンで見る 閉じる

 日本付近の上空約5千メートルに氷点下41度前後の寒気が入り、日本海で雪雲が発達。西風により新潟県などの上空に流れ込んだ。強い冬型の気圧配置は13日も続き、14日には緩む見通し。
 13日夕までの24時間予想降雪量はいずれも多い所で、北陸70センチ、近畿と中国40センチ。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング