産経フォト

通常国会22日召集を伝達 菅長官、会期末は6月

ニュース

通常国会22日召集を伝達 菅長官、会期末は6月

更新 sty1801120014
衆院議院運営委員会理事会に臨む自民党の古屋圭司議院運営委員長(中央)ら。右奥は菅義偉官房長官=12日午後、国会内(斎藤良雄撮影) 衆院議院運営委員会理事会に臨む自民党の古屋圭司議院運営委員長(中央)ら。右奥は菅義偉官房長官=12日午後、国会内(斎藤良雄撮影)

 菅義偉官房長官は12日午後、衆参両院の議院運営委員会理事会に相次いで出席し、通常国会を22日に召集する方針を伝達した。通常国会の会期は150日間で、延長がなければ6月20日が会期末となる。

 政府、与党は、2017年度補正予算案と18年度予算案の早期成立に全力を挙げる。安倍晋三首相が意欲を示す憲法改正や、政権の目玉政策である「働き方改革」関連法案を巡って活発な論議が展開されそうだ。

 受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案や、カジノを中心とした統合型リゾート施設(IR)実施法案の審議も焦点になる。

与野党国対委員長会談に臨む自民党の森山裕国対委員長(奥右)、立憲民主党の辻元清美国対委員長(同左)ら=12日午前、国会内(斎藤良雄撮影)
画像を拡大する
与野党国対委員長会談に臨む自民党の森山裕国対委員長(奥右)、立憲民主党の辻元清美国対委員長(同左)ら=12日午前、国会内(斎藤良雄撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 与野党は12日午前に、国対委員長会談を国会内で開いた。自民党の森山裕国対委員長は、昨年一度も実施しなかった党首討論の開催に向け、協議を始めるよう野党側に要望。野党は、45分間としている討論時間を増やすよう求めた。
 野党は沖縄県で相次ぐ米軍機トラブルを受け、衆院安全保障委員会の閉会中審査も主張したが、森山氏は同意しなかった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング