産経フォト

年頭恒例の警視庁出動訓練 機動隊員ら2200人行進

ニュース

年頭恒例の警視庁出動訓練 機動隊員ら2200人行進

更新 sty1801120009
 警視庁の「年頭部隊出動訓練」で行進する機動隊員。奥は絵画館=12日午前、東京都新宿区の明治神宮外苑絵画館前  警視庁の「年頭部隊出動訓練」で行進する機動隊員。奥は絵画館=12日午前、東京都新宿区の明治神宮外苑絵画館前
 警視庁の年頭部隊出動訓練で行進する緊急時初動対応部隊=12日午前、東京都新宿区の明治神宮外苑絵画館前
画像を拡大する
 警視庁の年頭部隊出動訓練で行進する緊急時初動対応部隊=12日午前、東京都新宿区の明治神宮外苑絵画館前フルスクリーンで見る 閉じる

 警視庁は12日、年初め恒例の「年頭部隊出動訓練」を東京都新宿区の明治神宮外苑絵画館前で実施し、機動隊員や警察署員ら約2200人が行進した。

 機動隊を先頭に行進し、女性警察官部隊やテロ発生時の初動対応に当たる緊急時初動対応部隊(ERT)が登場。警察犬部隊や騎馬隊が隊列を組み、航空隊のヘリコプター6機による編隊飛行も披露した。

 吉田尚正警視総監は訓示で「2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた対策や、特殊詐欺、人身安全事案への的確な対応が必要だ」と強調。「治安のプロとして、正しく強く温かい警視庁を体現してほしい」と述べた。

 絵画館は、東京五輪に向けた新国立競技場の建設現場に隣接するため、昨年の訓練は東京都江東区の夢の島総合警備訓練場で実施。絵画館前が会場となるのは2年ぶり。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング