産経フォト

積雪で電車15時間立ち往生 新潟 乗客430人一夜

ニュース

積雪で電車15時間立ち往生 新潟 乗客430人一夜

更新 sty1801120005
 雪で立ち往生したJR信越線の電車の中で運転再開を待つ乗客=12日午前4時18分、新潟県三条市  雪で立ち往生したJR信越線の電車の中で運転再開を待つ乗客=12日午前4時18分、新潟県三条市
 立ち往生したJR信越線の電車から降り避難する乗客=12日午前8時12分、新潟県三条市
画像を拡大する
 立ち往生したJR信越線の電車から降り避難する乗客=12日午前8時12分、新潟県三条市フルスクリーンで見る 閉じる

 11日午後6時55分ごろ、新潟県三条市のJR信越線東光寺-帯織間の踏切で、新潟発長岡行き普通電車(4両編成)が積雪のため動けなくなり、乗客約430人が車内に閉じ込められた。乗客は車内で一夜を明かし、電車は線路の除雪作業が終わった12日午前10時半ごろ、約15時間半ぶりに運転を再開した。

 消防によると、乗客のうち40代男性と10~20代の女性4人の計5人が「気分が悪い」などと体調不良を訴え、男性が病院に搬送された。

 この影響で信越線羽生田駅でも、後続の上り特急電車と普通電車が停止。乗客計約400人が車内に一時残され、JR東日本がバスを手配し代替輸送した。東三条駅と見附駅でも客を乗せたまま後続電車が止まった。

 JRによると、信越線は雪で遅れや運休が相次ぎ、乗客が集中していた。立ち往生した電車にはトイレがあり、停電せず車内灯や暖房も動いていた。同社は乗客を降ろさず「暗い中、外は雪が積もっており、安全を優先した」と説明。バスやタクシーによる代替輸送は見送った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング