産経フォト

近畿各地 寒い朝 六甲山白く

自然・風景

近畿各地 寒い朝 六甲山白く

更新 sty1801110012
うっすらと白くなった六甲山。左はあべのハルカス=11日午前8時23分、大阪府内(山田哲司撮影) うっすらと白くなった六甲山。左はあべのハルカス=11日午前8時23分、大阪府内(山田哲司撮影)

 強い冬型の気圧配置となった影響で近畿地方では11日朝、今季の最低気温を記録した地点もあり、厳しい冷え込みとなった。雪がうっすら積もった神戸市の六甲山(標高931メートル)の様子が、大阪府内からも確認できた。

うっすらと白くなった六甲山。右はミナミのビル群=11日午前8時23分、大阪府内(山田哲司撮影)
画像を拡大する
うっすらと白くなった六甲山。右はミナミのビル群=11日午前8時23分、大阪府内(山田哲司撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 気象庁によると、神戸市では0.4度の今季最低気温を記録。このほか大阪市で1.0度▽京都市で氷点下0.1度▽奈良市で氷点下0.2度の最低気温となった。気象庁は、13日にかけて日本海側を中心に大荒れの天気になる可能性があるとして、大雪や高波への警戒を呼び掛けている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング