産経フォト

帰還困難区域の除染視察 環境相「着実に進展」

東日本大震災

帰還困難区域の除染視察 環境相「着実に進展」

更新 sty1801100012
 帰還困難区域の復興拠点の除染作業=10日午後、福島県双葉町  帰還困難区域の復興拠点の除染作業=10日午後、福島県双葉町

 中川雅治環境相は10日、福島県の東京電力福島第1原発周辺地域を訪れ、原発事故に伴う帰還困難区域の除染作業や、除染で生じた土を保管する中間貯蔵施設の整備状況などを視察した。記者団に「着実に進んでいると実感した。これからも安心、安全を確保しながら事業の進展を図る」と述べた。

 除染で生じた土を保管する中間貯蔵施設を視察する中川環境相(左手前)=10日、福島県大熊町
画像を拡大する
 除染で生じた土を保管する中間貯蔵施設を視察する中川環境相(左手前)=10日、福島県大熊町フルスクリーンで見る 閉じる

 双葉町の帰還困難区域では昨年12月、住民が再び住めるように整備する「特定復興再生拠点区域」(復興拠点)の除染などが始まった。中川氏はこの日、道路脇の草を刈る作業などを確認。「住民が帰還できるように役割を果たしたい」と述べ、除染と建物解体を進める姿勢を強調した。

 大熊町で建設中の中間貯蔵施設では、貯蔵場所の工事などを視察。福島県内の指定廃棄物の最終処分場(富岡町)では、廃棄物を埋め立てる作業を見学した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング