産経フォト

日系4社とも販売過去最高 17年の中国新車市場

自動車

日系4社とも販売過去最高 17年の中国新車市場

更新 sty1801090013
「広州国際モーターショー」で記者発表する日産自動車の幹部(中央)=2017年11月、中国広東省(共同) 「広州国際モーターショー」で記者発表する日産自動車の幹部(中央)=2017年11月、中国広東省(共同)
「広州国際モーターショー」で展示されるトヨタ自動車の車=2017年11月、中国広東省(共同)
画像を拡大する
「広州国際モーターショー」で展示されるトヨタ自動車の車=2017年11月、中国広東省(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

【北京共同】日系自動車大手4社による中国市場での2017年の新車販売台数が9日、出そろった。4社とも過去最高を更新した。中国の景気が堅調に推移した上、外交関係の悪化で韓国車が敬遠されたことも日本勢には追い風になったとみられる。
 販売台数が最も多かったのは日産自動車で、前年比12.2%増の151万9714台。小型セダン「シルフィ」やスポーツタイプ多目的車(SUV)「エクストレイル」が販売をけん引した。

「広州国際モーターショー」で展示されるホンダの車=2017年11月、中国広東省(共同)
画像を拡大する
「広州国際モーターショー」で展示されるホンダの車=2017年11月、中国広東省(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 ホンダは15.5%増の144万1307台。「シビック」や「アコード」などの主力車種の売れ行きが好調だった。
 トヨタ自動車は6.3%増の129万100台。乗用車「カローラ」が好調だったほか、高級車ブランド「レクサス」も21.7%の大幅増となった。マツダは8.3%増の30万9407台となり、目標の29万台を上回った。主力セダン「マツダ6」(日本名アテンザ)の販売堅調が寄与した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング