産経フォト

主翼の下敷きに・・・JAC整備士死亡 受託の海保機が傾く

ニュース

主翼の下敷きに・・・JAC整備士死亡 受託の海保機が傾く

更新 sty1712290014
けん引中に傾き、男性整備士が主翼の下敷きになった海上保安庁のプロペラ機サーブ340=29日午後、鹿児島県霧島市の鹿児島空港 けん引中に傾き、男性整備士が主翼の下敷きになった海上保安庁のプロペラ機サーブ340=29日午後、鹿児島県霧島市の鹿児島空港
けん引中に傾き、男性整備士が主翼の下敷きになった海上保安庁のプロペラ機サーブ340(第10管区海上保安本部提供)
画像を拡大する
けん引中に傾き、男性整備士が主翼の下敷きになった海上保安庁のプロペラ機サーブ340(第10管区海上保安本部提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 29日午後0時50分ごろ、鹿児島県霧島市の鹿児島空港で、地上でけん引されていた海上保安庁の航空機が傾き、日本エアコミューター(JAC)の30代の男性整備士が左主翼と地面に挟まれて下敷きになった。JACなどによると、男性はドクターヘリで病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。
 傾いた海保機はJACが整備を受託し、約10人で格納庫への移動作業をしていた。県警霧島署は、左主翼の車輪が何らかの原因で機体に格納されたことで、機体が傾いたとみて調べている。
 第10管区海上保安本部(鹿児島)によると、航空機は鹿児島航空基地所属の全長約20メートル、幅約22メートルのプロペラ機サーブ340。領海警備や海難救助などに使用している。年1度の定期点検のために、10月から来年2月の予定でJACに預けていた。鹿児島空港は鹿児島市から北東に約30キロ。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング