産経フォト

門松の出荷ピーク 売れ筋は高さ1.5mで3万2400円

伝統・文化

門松の出荷ピーク 売れ筋は高さ1.5mで3万2400円

更新 sty1712270021
正月用門松の出荷が最盛期を迎えた造園会社=27日午後、前橋市の「赤城グリーン」(飯田英男撮影) 正月用門松の出荷が最盛期を迎えた造園会社=27日午後、前橋市の「赤城グリーン」(飯田英男撮影)

 前橋市の造園会社「赤城グリーン」で、正月用門松の出荷が最盛期を迎えている。

正月用門松の出荷が最盛期を迎えた造園会社=27日午後、前橋市の「赤城グリーン」(飯田英男撮影)
画像を拡大する
正月用門松の出荷が最盛期を迎えた造園会社=27日午後、前橋市の「赤城グリーン」(飯田英男撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 門松はすべて手作業で、今月上旬から製作を開始。竹は乾燥すると変色してしまうため、短時間で約200組を作った。高さ1.5メートルのもので価格は3万2400円のものが最も売れているという。例年通り順調で、関東各地の店舗や事務所、個人から依頼がある。

 荻原健社長(45)は「商売繁盛や家内安全を願い、心を込めて作りました。正月を祝う文化を大切に伝え、ものづくりの技術を若い世代に継承していきたい」と話している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング