産経フォト

書き初め特訓中 横浜・八景島シーパラダイスのオタリア2頭

生き物

書き初め特訓中 横浜・八景島シーパラダイスのオタリア2頭

更新 sty1712270011
口にくわえた特製の筆で来年のえと「戌(いぬ)」を書いたオタリアのチェンくん=26日午後、横浜市金沢区(寺河内美奈撮影) 口にくわえた特製の筆で来年のえと「戌(いぬ)」を書いたオタリアのチェンくん=26日午後、横浜市金沢区(寺河内美奈撮影)
口にくわえた特製の筆で来年のえと「戌(いぬ)」を書いたオタリアのチェンくん=26日午後、横浜市金沢区(寺河内美奈撮影)
画像を拡大する
口にくわえた特製の筆で来年のえと「戌(いぬ)」を書いたオタリアのチェンくん=26日午後、横浜市金沢区(寺河内美奈撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 横浜市金沢区の水族館「横浜・八景島シーパラダイス」で、アシカの仲間のオタリア2頭が新年に向けて書き初めの練習に励んでいる。

 「『はらい』は勢いでできるんですが、『とめ』が難しいんです」と特訓の苦労を話す飼育員の武田友貴さん(34歳)の横で落ち着いた表情を見せていたのは、13歳のオス、チェン。

口にくわえた特製の筆で来年のえと「戌(いぬ)」を書いたオタリアのチェンくん=26日午後、横浜市金沢区(寺河内美奈撮影)
画像を拡大する
口にくわえた特製の筆で来年のえと「戌(いぬ)」を書いたオタリアのチェンくん=26日午後、横浜市金沢区(寺河内美奈撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 黒色の絵の具をつけたT字型の特製筆を口にくわえると、約200キロの巨大な体を上手に使い、用意された紙に来年のえと「戌(いぬ)」を豪快に書き上げていた。

 書き初めイベントは来年1月1日から31日まで毎日2回行われ、作品は来場者にプレゼントされるという。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング