産経フォト

対北朝鮮「万全の態勢」 西村官房副長官、PAC3部隊視察

自衛隊・ミリタリー

対北朝鮮「万全の態勢」 西村官房副長官、PAC3部隊視察

更新 sty1712250019
防衛省でPAC3を視察する西村康稔官房副長官(左から3人目)=25日午後、東京都新宿区(桐原正道撮影) 防衛省でPAC3を視察する西村康稔官房副長官(左から3人目)=25日午後、東京都新宿区(桐原正道撮影)
防衛省でPAC3を視察する西村康稔官房副長官(左から2人目)=25日午後、東京都新宿区(桐原正道撮影)
画像を拡大する
防衛省でPAC3を視察する西村康稔官房副長官(左から2人目)=25日午後、東京都新宿区(桐原正道撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 西村康稔官房副長官は25日午後、北朝鮮の弾道ミサイル発射に備え、防衛省敷地内に展開する航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)部隊を視察した。その後、記者団に「あらゆる事態を想定し、国民の生命や財産を守る。万全の態勢を取っていることを確認した」と述べた。

 北朝鮮に関する警戒・監視情報が集まる防衛省地下の中央指揮所も訪問。西村氏は山本朋広防衛副大臣に対し「年末年始も引き続き緊張感を持って取り組んでほしい」と伝えた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング