産経フォト

猫の数が犬を上回る 飼育実態調査で初めて

生き物

猫の数が犬を上回る 飼育実態調査で初めて

更新 sty1712220010
 ペットショップで、店員に抱かれるフレンチブルドッグの子犬(左)とエキゾチックショートヘアの子猫=22日午後、東京都江東区のペッツファーストお台場店  ペットショップで、店員に抱かれるフレンチブルドッグの子犬(左)とエキゾチックショートヘアの子猫=22日午後、東京都江東区のペッツファーストお台場店

 ペットフード協会(東京)は22日、2017年の全国犬猫飼育実態調査で、猫の推定飼育数が1994年の調査開始以来初めて、犬の数を上回ったと発表した。国内の犬猫の飼育数に関する継続的な大規模調査は他にないといい、日本の二大ペットを巡る逆転劇は話題となりそうだ。

 ペットショップの子犬や子猫=5日、東京都港区の「ZOO六本木」
画像を拡大する
 ペットショップの子犬や子猫=5日、東京都港区の「ZOO六本木」フルスクリーンで見る 閉じる

 同調査で、ここ数年ほぼ横ばいだった猫に対し、犬は減少が続いていた。今年は推計で犬は892万匹、猫は952万6千匹で、ついに猫の数が犬を超えた。
 関係者は「人間の高齢化や1人暮らし世帯の増加などが影響し、散歩などの世話が必要な犬を飼う人が減った」と指摘。一方の猫は、写真集やCMで人気を集めるなど最近の“猫ブーム”もプラスになったとみられる。
 調査は、ペットフードを製造・販売する企業の業界団体である同協会が毎年、インターネットで実施。5万人以上から得られた回答を基に飼育数を推計している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング