産経フォト

霧氷、氷点下10度以下の世界は幻想的だった

自然・風景

霧氷、氷点下10度以下の世界は幻想的だった

更新 sty1712220007
霧氷がライトアップされ、幻想的な光景が広がった=19日、北海道占冠村の星野リゾートトマム(杉浦美香撮影) 霧氷がライトアップされ、幻想的な光景が広がった=19日、北海道占冠村の星野リゾートトマム(杉浦美香撮影)

 霧氷の幻想的な世界が広がる-。全国各地でホテルを展開する星野リゾートトマム(北海道占冠村)の「霧氷テラス」が夜間、ライトアップされ、木々につく霧氷を楽しむがことができる。

標高1088mの星野リゾートトマムの霧氷テラス付近。氷点下の凍てついた真っ白な世界が広がった=20日、北海道占冠村(杉浦美香撮影)
画像を拡大する
標高1088mの星野リゾートトマムの霧氷テラス付近。氷点下の凍てついた真っ白な世界が広がった=20日、北海道占冠村(杉浦美香撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 標高1088メートル。ゴンドラでアクセスすることができる。ただ、風が強いとゴンドラが止まるので、天気のチェックが必要だ。
 取材に訪れたのは12月19日午後4時半すぎ。薄紫の薄暮から暗闇が深くなるにつれ、ライトアップされた霧氷がきらきらと輝く。風もあるため、体感温度はマイナス20度かと思うほどの寒さだ。カメラのシャッターを切る手がこごえる。ただ、頂上にはカフェがあり、コーヒーやラム酒、暖炉で暖を取れる。
 ライトアップは12月いっぱいで終わるが日中はアクセス可能。カフェーも営業している。
 スキー場でスキーをしなくても雪を楽しむことができる。新しいスキー場での楽しみ方を提供している。(文、写真 札幌支局長 杉浦美香)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング