産経フォト

米軍、同型ヘリの飛行再開 窓落下事故から6日

自衛隊・ミリタリー

米軍、同型ヘリの飛行再開 窓落下事故から6日

更新 sty1712190009
 飛行を再開した米軍普天間飛行場のCH53E大型輸送ヘリコプター=19日午後0時24分、沖縄県宜野湾市  飛行を再開した米軍普天間飛行場のCH53E大型輸送ヘリコプター=19日午後0時24分、沖縄県宜野湾市

 米軍は19日午後、沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場で、隣接する市立普天間第二小に操縦席窓を落下させた機体と同型のCH53E大型輸送ヘリコプターの飛行を再開した。重大事故発生から6日後の再開に、沖縄の反発が強まるのは必至だ。

 飛行を再開した米軍普天間飛行場のCH53E大型輸送ヘリコプター=19日午後0時24分、沖縄県宜野湾市
画像を拡大する
 飛行を再開した米軍普天間飛行場のCH53E大型輸送ヘリコプター=19日午後0時24分、沖縄県宜野湾市フルスクリーンで見る 閉じる

 防衛省沖縄防衛局によると、午後0時24分ごろ、普天間飛行場からCH53E1機が離陸した。

 米海兵隊は18日の声明で、窓落下は「人的ミスが原因。構造的な問題は見つからなかった」と発表。防衛省も飛行再開を容認した。

 事故は13日午前に発生。重さ7.7キロ、約90センチ四方の窓が枠ごと運動場に落ちた。当時、体育の授業で児童54人がいた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング