産経フォト

関ケ原前哨戦で焼けた石垣 伏見城、激しい炎で変色

遺跡・建造物

関ケ原前哨戦で焼けた石垣 伏見城、激しい炎で変色

更新 sty1712140011
 京都市伏見区桃山町で見つかった「伏見城の戦い」で焼けたとみられる城の石垣  京都市伏見区桃山町で見つかった「伏見城の戦い」で焼けたとみられる城の石垣
木幡山伏見城跡から出土した豊臣時代の石垣。関ケ原の前哨戦で一部焼けた石も見つかった=京都市伏見区(11月22日撮影)
画像を拡大する
木幡山伏見城跡から出土した豊臣時代の石垣。関ケ原の前哨戦で一部焼けた石も見つかった=京都市伏見区(11月22日撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 関ケ原の合戦の前哨戦「伏見城の戦い」(1600年)で焼けたとみられる城の石垣が京都市伏見区桃山町で見つかり、発掘調査会社「四門」(東京)が14日発表した。ひび割れて赤く変色しており、担当者は「かなりの高温で焼かれ、崩れ落ちた可能性がある。激しい攻防を思わせる成果」と話している。

 伏見城の戦いは、豊臣秀吉が死去した2年後に起きた。徳川家康が上杉攻めに向かったのを機として西軍が挙兵。徳川家臣・鳥居元忠が守る伏見城を攻め、城は焼け落ちた。

 見つかった石垣(幅約4.2メートル)は1段目とみられる。火災で表面の一部が赤く変色しており、ひび割れや欠けた跡も確認できた。周囲からは焼土層も見つかった。

 集合住宅の建設に伴う調査。発掘現場は既に埋め戻されており、現地説明会は開かれない。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング