産経フォト

無人自動運転車が公道実験 遠隔操作で全国初、愛知

自動車

無人自動運転車が公道実験 遠隔操作で全国初、愛知

更新 sty1712140004
 遠隔型自動運転システムの実証実験で使用される乗用車の運転席=14日午前、愛知県幸田町  遠隔型自動運転システムの実証実験で使用される乗用車の運転席=14日午前、愛知県幸田町

 愛知県は14日、同県幸田町の県道などで、運転席に人を乗せずに乗用車を走らせる遠隔型自動運転システムの実証実験を行った。警察庁によると、無人の自動運転車が一般車の走る公道で実験するのは全国で初めて。緊急時は人が遠隔でブレーキ操作し危険を回避する。

 実証実験で、運転席無人で公道を走る遠隔型自動運転システムの乗用車=14日午前、愛知県幸田町
画像を拡大する
 実証実験で、運転席無人で公道を走る遠隔型自動運転システムの乗用車=14日午前、愛知県幸田町フルスクリーンで見る 閉じる

 実験は幸田町民会館周辺の1周約700メートルのコースで、通行止めをせずに実施。使用するミニバンは道路の形状や標識などを記憶しており、車載カメラやレーダーで一般車や歩行者を認識しながら時速15キロ以下で走る。

 遠隔型自動運転システムの実証実験で、運転席に人を乗せずに公道を走る乗用車=14日午前、愛知県幸田町
画像を拡大する
 遠隔型自動運転システムの実証実験で、運転席に人を乗せずに公道を走る乗用車=14日午前、愛知県幸田町フルスクリーンで見る 閉じる

 会館の建物内では「遠隔の運転手」の担当者が車載カメラの映像をモニターで監視し、緊急時は遠隔操作でブレーキをかけて車を止める。東京都でも同日、ベンチャー企業のZMP(東京)が無人車の公道走行実験をするイベントを実施。遠隔操作で江東区の都道約150メートルを最高時速20キロで走行、23日には実験を一般公開する。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング