産経フォト

自宅付近で待ち構え襲撃か 宮司の弟 交際相手と

ニュース

自宅付近で待ち構え襲撃か 宮司の弟 交際相手と

更新 sty1712080003
 富岡八幡宮を警戒する警察官=8日午前、東京都江東区(桐原正道撮影)  富岡八幡宮を警戒する警察官=8日午前、東京都江東区(桐原正道撮影)
 宮司の富岡長子さんが殺害された現場付近を警戒する警察官ら=8日午前、東京都江東区(桐原正道撮影)
画像を拡大する
 宮司の富岡長子さんが殺害された現場付近を警戒する警察官ら=8日午前、東京都江東区(桐原正道撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 東京都江東区の富岡八幡宮の女性宮司ら4人が死傷した事件で、自殺した住所、職業不詳富岡茂永容疑者(56)が交際相手と共に、姉で宮司の長子さん(58)が自宅近くで車から降りるのを待ち構え、襲撃したことが8日、警視庁捜査1課への取材で分かった。

 捜査1課は八幡宮の役職を巡り、茂永容疑者と長子さんとの間で何らかのトラブルがあったとみて、殺人容疑で詳しい動機などを調べている。現場付近の防犯カメラの画像の解析も急ぐ。

 同課によると、富岡容疑者は交際相手の30代とみられる女と境内付近の住宅の陰に隠れ、長子さんが車から降りた直後に襲った。現場には凶器とみられる日本刀1本が、真ん中から折れた状態で落ちていた。

 男性運転手(33)は車を降りて逃走したが、日本刀を持った女が追い掛け、約100メートル先のスーパーマーケット前で切り付けた。その後、茂永容疑者は境内で女の胸や腹を刺して殺害し、自殺したとみられる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング