産経フォト

文学の力で壁を壊す ノーベル賞イシグロ氏

ニュース

文学の力で壁を壊す ノーベル賞イシグロ氏

更新 sty1712080002
 ストックホルムのスウェーデン・アカデミーで記念講演するカズオ・イシグロ氏=7日(ロイター=共同)  ストックホルムのスウェーデン・アカデミーで記念講演するカズオ・イシグロ氏=7日(ロイター=共同)
 7日、ストックホルムのスウェーデン・アカデミーで講演するカズオ・イシグロ氏(AP=共同)
画像を拡大する
 7日、ストックホルムのスウェーデン・アカデミーで講演するカズオ・イシグロ氏(AP=共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 今年のノーベル文学賞を受賞する英国人作家カズオ・イシグロ氏(63)が7日(日本時間8日未明)、スウェーデンのストックホルムで記念講演を行った。世界に広がる貧富の格差や人種差別主義を踏まえ、「分断が危険なまでに深まる時代に、良い作品を書き、読むことで壁は打ち壊される」と述べ、文学者が担う使命の重要性を説いた。

 講演のタイトルは「私の20世紀の夕べ-そしていくつかのささやかな発見」。イシグロ氏は「私にとって大切なのは物語が感情を伝えることであり、国境や分断を超えて人間が共有するものに訴えかけるということだ」と語った。

 イシグロ氏は日本人の両親の下で長崎市に生まれ、5歳で渡英。講演では、大人になるにつれて記憶の中で薄れてゆく日本と向き合ったことが創作活動の原点であり、小説の中で「私にとっての日本」を築き直したいと思ったと振り返った。原爆投下からの復興を遂げる長崎を舞台にした最初の長編小説「遠い山なみの光」にも言及した。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング