産経フォト

米、中東政策を抜本転換 エルサレムは歴史的首都

ニュース

米、中東政策を抜本転換 エルサレムは歴史的首都

更新 sty1712060015
雨の中、エルサレム旧市街の「岩のドーム」を見る人々=6日(ロイター) 雨の中、エルサレム旧市街の「岩のドーム」を見る人々=6日(ロイター)
トランプ米大統領=5日、ホワイトハウス(UPI=共同)
画像を拡大する
トランプ米大統領=5日、ホワイトハウス(UPI=共同)フルスクリーンで見る 閉じる

【ワシントン共同】トランプ米大統領は5日、エルサレムをイスラエルの首都と認定し、テルアビブの米大使館を移転する手続きに着手するよう国務省に指示する方針を決めた。6日に正式発表する。米政府当局者は、首都認定を「歴史的事実の確認」と説明した。中東の混乱と和平の頓挫を懸念する歴代米政権が避けてきた措置で、中東政策の抜本的な転換となる。
 イスラム諸国の反米感情が高まるとみられ、中東などの米在外公館は暴動やテロへの警戒を強化。米メディアによると、国務省は世界各地の在外公館に、トランプ氏の発表前に安全対策を強化するよう通知した。米政府当局者は「中東での米市民と資産の安全を確保する」と強調した。
 大使館の移転時期は明示しない見通し。大使館を新設するため、移転には少なくとも3~4年かかるとしている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング