産経フォト

羽生、初の永世7冠 将棋、前人未到の偉業

ニュース

羽生、初の永世7冠 将棋、前人未到の偉業

更新 sty1712050008
将棋の竜王戦で渡辺明竜王を破り、史上初めて永世7冠を達成した羽生善治棋聖=5日午後、鹿児島県指宿市(沢野貴信撮影) 将棋の竜王戦で渡辺明竜王を破り、史上初めて永世7冠を達成した羽生善治棋聖=5日午後、鹿児島県指宿市(沢野貴信撮影)
会見に臨む、史上初めて永世7冠を達成した羽生善治棋聖=5日午後、鹿児島県指宿市(沢野貴信撮影)
画像を拡大する
会見に臨む、史上初めて永世7冠を達成した羽生善治棋聖=5日午後、鹿児島県指宿市(沢野貴信撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 将棋の羽生善治棋聖(47)は5日、通算7期目の竜王を獲得し「永世竜王」の資格を得て、永世称号制度のある7タイトル(竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖)全てを手にする「永世7冠」を史上初めて成し遂げた。

 将棋の第30期竜王戦7番勝負第5局の2日目に臨む羽生善治棋聖(左)と渡辺明竜王=5日午前、鹿児島県指宿市
画像を拡大する
 将棋の第30期竜王戦7番勝負第5局の2日目に臨む羽生善治棋聖(左)と渡辺明竜王=5日午前、鹿児島県指宿市フルスクリーンで見る 閉じる

 鹿児島県指宿市で指された第30期竜王戦7番勝負の第5局で、挑戦者として渡辺明竜王(33)を先手番87手までで破り、対戦成績4勝1敗で15期ぶりに竜王を獲得、棋聖と合わせ2冠となった。自身の持つ通算タイトル獲得記録は大台が目前の99期とした。

 最多六つの永世称号の資格を得ていた羽生竜王は2008年と10年、竜王戦で永世7冠を懸けて渡辺前竜王と対戦したが、いずれも敗れていた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング