産経フォト

白鵬関らが朝倉市を慰問 豪雨被災地で土俵入り

ニュース

白鵬関らが朝倉市を慰問 豪雨被災地で土俵入り

更新 sty1712050007
九州北部の豪雨で被災した福岡県朝倉市を慰問し、来場者と記念撮影をする横綱白鵬関 =5日(撮影・仲道裕司) 九州北部の豪雨で被災した福岡県朝倉市を慰問し、来場者と記念撮影をする横綱白鵬関 =5日(撮影・仲道裕司)
ステージの上で土俵入りする横綱白鵬関 =5日、福岡県朝倉市(撮影・仲道裕司)
画像を拡大する
ステージの上で土俵入りする横綱白鵬関 =5日、福岡県朝倉市(撮影・仲道裕司)フルスクリーンで見る 閉じる

 大相撲の冬巡業で九州各地を巡業中の横綱白鵬関ら幕内力士が5日、九州北部の豪雨で7月に被災した福岡県朝倉市杷木地区を慰問。多目的施設「サンライズ杷木」で黙とうをささげ、白鵬関は土俵入りを披露した。

 白鵬関は福岡県出身の幕内松鳳山関を露払い、九州場所中に朝倉市に宿舎を置いた片男波部屋の幕内玉鷲関を太刀持ちに従え、集まった約千人の大歓声に包まれながら不知火型の土俵入りを行った。

 東日本大震災の被災地を訪れた経験のある白鵬関は「(土俵入りを)近くで見て、来て良かったなと思ってもらえたら成功だと思う」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング