産経フォト

灯籠の明かり被災地照らす 400個、宮城の追悼の丘

東日本大震災

灯籠の明かり被災地照らす 400個、宮城の追悼の丘

更新 sty1712020019
震災がれきで造った「千年希望の丘」に並べられた、東日本大震災犠牲者を追悼する灯籠=2日午後、宮城県岩沼市 震災がれきで造った「千年希望の丘」に並べられた、東日本大震災犠牲者を追悼する灯籠=2日午後、宮城県岩沼市
東日本大震災の犠牲者を追悼する灯籠を見る親子=2日午後、宮城県岩沼市
画像を拡大する
東日本大震災の犠牲者を追悼する灯籠を見る親子=2日午後、宮城県岩沼市フルスクリーンで見る 閉じる

 東日本大震災の津波で大きな被害に遭った宮城県岩沼市下野郷の沿岸で2日、自衛隊や米軍によるボランティア活動があり、犠牲者を追悼する約400個の灯籠の明かりが、震災がれきで造った「千年希望の丘」を照らした。
 灯籠は陸上自衛隊東北方面隊の隊員が設置。被災した子どもたちが書いた「絆」「頑張ろう」の文字や絵がはめ込まれた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング