産経フォト

本紙「夏の華~光の饗宴」に関西写真記者協会賞

ニュース

本紙「夏の華~光の饗宴」に関西写真記者協会賞

更新 sty1712010007
関西写真記者協会賞を受賞した「夏の華~光の饗宴~」 =(山田哲司、彦野公太朗撮影) 関西写真記者協会賞を受賞した「夏の華~光の饗宴~」 =(山田哲司、彦野公太朗撮影)
ニュース組部門銀賞を受賞した「九州豪雨~命つなぐ~」 =(恵守乾、志儀駒貴、永田直也撮影)
画像を拡大する
ニュース組部門銀賞を受賞した「九州豪雨~命つなぐ~」 =(恵守乾、志儀駒貴、永田直也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 関西の新聞・通信社、テレビ局など76社が加盟する関西写真記者協会(事務局、大阪市)は30日、優れた報道写真と映像に贈る平成29年度の協会賞、各部門賞を発表した。

 最優秀賞の協会賞は、産経新聞大阪本社の「夏の華~光の饗宴(きょうえん)~」=写真(山田哲司記者、彦野公太朗記者)が受賞。各所の花火大会をさまざまな視点で撮影し、色鮮やかな迫力のある写真で読者に伝えた。本紙の協会賞受賞は昨年の「照準はカメラマン」に続き2年連続4回目。

新人賞を受賞した「甲子園に大きなクレーター」=甲子園球場(水島啓輔撮影)
画像を拡大する
新人賞を受賞した「甲子園に大きなクレーター」=甲子園球場(水島啓輔撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 大阪本社の他の受賞作は、本紙が「九州豪雨~命つなぐ~」(恵守乾記者、志儀駒貴記者、永田直也記者)でニュース組部門銀賞、サンケイスポーツが「甲子園に大きなクレーター」(水島啓輔記者)で新人賞をそれぞれ受賞した。

 テレビの部の協会賞は関西テレビ放送の「虐待を学ぶ高校生」だった。

 受賞作を含む第62回報道展は、京都展(12月6~12日、イオンモールKYOTO)▽神戸展(同14~19日、さんちかホール)▽大阪展(同20~26日、梅田・阪神百貨店)▽広島展(平成30年1月4~9日、天満屋広島アルパーク店)の日程で開催される。

関連記事【感彩写論 夏の華~光の饗宴~】

「きほく燈籠祭」の彩色千輪企菊=7月22日、三重県紀北町(山田哲司撮影)
画像を拡大する
「きほく燈籠祭」の彩色千輪企菊=7月22日、三重県紀北町(山田哲司撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

■海と空に一瞬咲いて きほく燈籠祭 三重・紀北町

ビルに映り込む「なにわ淀川花火」の姿=8月5日、大阪市北区のグランフロント大阪(山田哲司撮影)
画像を拡大する
ビルに映り込む「なにわ淀川花火」の姿=8月5日、大阪市北区のグランフロント大阪(山田哲司撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

■ゆらゆら 窓に踊る なにわ淀川花火・大阪市

愛知川祇園納涼祭花火大会花火と一緒に自撮りする浴衣の女性ら=7月15日、滋賀県愛荘町(山田哲司撮影)
画像を拡大する
愛知川祇園納涼祭花火大会花火と一緒に自撮りする浴衣の女性ら=7月15日、滋賀県愛荘町(山田哲司撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

■今や自撮り時代 愛知川納涼祭 滋賀・愛荘町

「猪名川花火大会」を背景に大阪国際空港を離陸する旅客機=8月19日夜、伊丹スカイパーク(彦野公太朗撮影)
画像を拡大する
「猪名川花火大会」を背景に大阪国際空港を離陸する旅客機=8月19日夜、伊丹スカイパーク(彦野公太朗撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

■金の光に包まれて 花火大会と飛行機

龍田大社の風鎮大祭で奉納される「風神花火」の手筒花火=7月2日、奈良県三郷町(山田哲司撮影)
画像を拡大する
龍田大社の風鎮大祭で奉納される「風神花火」の手筒花火=7月2日、奈良県三郷町(山田哲司撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

■火柱 天に昇る 「風神花火」奈良・三郷町

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング