産経フォト

北海道松前沖に北朝鮮船か 複数の乗員、無人島周辺

ニュース

北海道松前沖に北朝鮮船か 複数の乗員、無人島周辺

更新 sty1711290006
北海道松前町沖の国籍不明船(左上)と海上保安庁の巡視船=29日午前11時10分(共同通信社機から) 北海道松前町沖の国籍不明船(左上)と海上保安庁の巡視船=29日午前11時10分(共同通信社機から)
北海道松前町沖で見つかった国籍不明船=29日午前11時6分(共同通信社機から)
画像を拡大する
北海道松前町沖で見つかった国籍不明船=29日午前11時6分(共同通信社機から)フルスクリーンで見る 閉じる

 第1管区海上保安本部(小樽)は29日午前9時半ごろ、北海道松前町の南西沖の無人島、松前小島周辺の海域で国籍不明の木造船が漂っているのを上空から発見した。現場に向かった巡視船が、複数の乗員を確認した。北朝鮮の漁船と形状が似ており、船内を立ち入り検査する。島に船が漂着しているとの情報を受け、28日午後から捜索していた。
 海保や北海道警によると、28日に周辺をパトロールしていた道警ヘリコプターや海保機が、島東部の避難港周辺で少なくとも7人の人影や木造船を確認。29日に見つかった船は島の北東約13キロを漂っており、同一の船の可能性が高いとみている。松前小島は周囲約4キロ、面積約1.5平方キロ。
 日本海沿岸には、北朝鮮から来たとみられる船が相次いで漂着している。松前町では26日にも、木造船の船首部分とみられる漂着物が海岸に打ち上げられているのが見つかった。北朝鮮との関連は不明。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング