産経フォト

築110年の旧駅舎移動 堺の南海・浜寺公園

伝統・文化

築110年の旧駅舎移動 堺の南海・浜寺公園

更新 sty1711280003
堺市で始まった、南海本線・浜寺公園駅旧駅舎の「曳家工事」=28日午前 堺市で始まった、南海本線・浜寺公園駅旧駅舎の「曳家工事」=28日午前
堺市で始まった、南海本線・浜寺公園駅旧駅舎の「曳家工事」。手前の基礎部分まで移動させる=28日午前
画像を拡大する
堺市で始まった、南海本線・浜寺公園駅旧駅舎の「曳家工事」。手前の基礎部分まで移動させる=28日午前フルスクリーンで見る 閉じる

 110年前に建てられ、国の登録有形文化財になっている南海本線・浜寺公園駅の旧駅舎を解体せず、建物ごと近くの広場まで約30メートル移動させる「曳家工事」が28日、堺市西区で始まった。
 南海電鉄によると、1907年に完成した洋風木造の旧駅舎は、東京駅などを手掛けた建築家辰野金吾の事務所の設計。駅周辺の高架化に伴って昨年1月に閉鎖されるまで、私鉄では国内最古の現役駅舎だった。
 工事は12月18日まで3回の予定で、約130トンの建物を専用のレールを使って1回約10メートル移動させる。
 2028年に完成する新駅の玄関部分として活用する予定。それまでは、広場で市民の交流スペースとして利用する。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング