産経フォト

【感彩写論】ミナミのまちにガオー 難波八阪神社 PM3:48

自然・風景

【感彩写論】ミナミのまちにガオー 難波八阪神社 PM3:48

更新 sty1711270001
難波八阪神社の獅子殿 =大阪市浪速区(水島啓輔撮影) 難波八阪神社の獅子殿 =大阪市浪速区(水島啓輔撮影)
難波八阪神社の獅子殿 =大阪市浪速区(水島啓輔撮影)
画像を拡大する
難波八阪神社の獅子殿 =大阪市浪速区(水島啓輔撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 大阪・ミナミをブラブラしていると、「ガォー」という雄たけびが聞こえてきた。

 大きな口の“怪獣”が、こちらを睨(にら)んでいる。金色の目には照明が仕込まれ、叫び声は口ではなく鼻にあるスピーカーが発しているそうだ。

 ミナミの名所のひとつ「獅子殿」と呼ばれる「難波八阪神社」の社殿だ。大きな口は舞台として使われ、神楽や獅子舞を奉納し、豆まきなども行われる。

難波八阪神社 =大阪市浪速区(水島啓輔撮影)
画像を拡大する
難波八阪神社 =大阪市浪速区(水島啓輔撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 撮影の前に中央の神殿に祭られる素盞嗚尊(すさのおのみこと)に参拝。「なんだこいつは」と睨まれたような気もするが、仕事と割り切り撮影開始。

 境内には、外国人観光客が目立つ。恐れる風もなく楽しそうに記念写真を撮っている。とはいえ、日本の神社が、すべてこんな感じだと思われるのも少し困るが。

難波八阪神社の獅子殿 =大阪市浪速区(水島啓輔撮影)
画像を拡大する
難波八阪神社の獅子殿 =大阪市浪速区(水島啓輔撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 怖い顔もアングルによっては、愛嬌(あいきょう)も感じられる。いつも険しいデスクの顔も見方次第でやさしく見えるのだろうか…。(写真報道局 水島啓輔)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング