産経フォト

39歳の安美錦、涙の敢闘賞 アキレス腱断裂から復活、再入幕勝ち越し

スポーツ

39歳の安美錦、涙の敢闘賞 アキレス腱断裂から復活、再入幕勝ち越し

更新 sty1711260022
千代翔馬を破り勝ち名乗りを受けた安美錦。千秋楽に勝ち越しを決めた=福岡国際センター 千代翔馬を破り勝ち名乗りを受けた安美錦。千秋楽に勝ち越しを決めた=福岡国際センター
敢闘賞を受賞し笑顔の安美錦=福岡国際センター
画像を拡大する
敢闘賞を受賞し笑顔の安美錦=福岡国際センターフルスクリーンで見る 閉じる

 大相撲九州場所千秋楽の26日、三賞選考委員会が開かれ、左アキレス腱断裂の大けがから再入幕の安美錦が勝ち越しを決め、2000年名古屋場所以来2度目の敢闘賞を受賞した。三賞は14年秋場所以来。
 39歳1カ月での三賞は、40歳2カ月の旭天鵬に次いで史上2番目の高年齢。三賞受賞12度目は栃東(元大関)と並び、史上10位に入った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング