産経フォト

「星空保全条例」提出へ 鳥取、サーチライト規制

自然・風景

「星空保全条例」提出へ 鳥取、サーチライト規制

更新 sty1711200014
 「鳥取市さじアストロパーク」の夜空に広がる天の川(鳥取県提供)  「鳥取市さじアストロパーク」の夜空に広がる天の川(鳥取県提供)

 「星取県」を宣言し、夜空の美しさをPRしている鳥取県が、サーチライトやレーザー光線の上空照射を原則禁止する星空保全条例案を近く議会提出する。県によると、星空景観保護のみを目的とする条例制定は都道府県レベルで初めて。年内の可決、成立を目指す。

 鳥取県の星空。奥は大山
画像を拡大する
 鳥取県の星空。奥は大山フルスクリーンで見る 閉じる

 条例案は、防災利用などを除き、特定の対象物を照らす目的がない場合は屋外での投光器使用を認めない。また特に美しい星空が見える地域を「星空保全地域」に指定し、照明器具の設置や使用に関し、光を下向きにするなどの基準を守らなければいけないと定める。違反者には過料を科す方向で調整している。

 県によると、星空の景観保護に特化した条例は、岡山県井原市や群馬県高山村などで制定されている。都道府県レベルでは特化した条例はなく、岡山県や佐賀県などで包括的な環境保護条例に投光器の照射規制が盛り込まれている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング