産経フォト

福井で「よろい竜」の歯化石 アジア最古級、1億2000万年前

ニュース

福井で「よろい竜」の歯化石 アジア最古級、1億2000万年前

更新 sty1711150017
 福井県立恐竜博物館が見つかったと発表した、よろい竜の歯の化石  福井県立恐竜博物館が見つかったと発表した、よろい竜の歯の化石
 福井県立恐竜博物館が見つかったと発表した、よろい竜の歯の化石(同館提供)
画像を拡大する
 福井県立恐竜博物館が見つかったと発表した、よろい竜の歯の化石(同館提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 福井県立恐竜博物館(同県勝山市)は15日、同市にある約1億2千万年前の白亜紀前期の地層から、よろい竜の歯の化石が2個見つかったと発表した。過去に中国で発見された同年代のものと並び、よろい竜の化石としてはアジア最古級という。

 よろい竜は、頭部から尾にかけ、骨でできた装甲を持つ草食恐竜。ジュラ紀後期の1億6千万年前ごろ北米に現れ、白亜紀に北半球を中心に繁栄した。同博物館の河部壮一郎研究職員は「よろい竜の生息域の広がりを考える上で大きな発見だ」と話している。

 博物館によると、歯は左側の上下1個ずつ。上の歯は長さ約1センチで幅約6ミリ。歯根が残っている下は長さ約24ミリ、幅約5.5ミリ。刀のような形をした歯根や、歯のギザギザが比較的少ないことなどから、ノドサウルス科のものとみられる。体長4~5メートルと推測されるという。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング