産経フォト

部品数2割減、推進力向上 次世代H3用エンジン公開

ニュース

部品数2割減、推進力向上 次世代H3用エンジン公開

更新 sty1711140016
 公開された次世代大型ロケット「H3」用の新型エンジン「LE9」=14日午後、鹿児島県の種子島宇宙センター  公開された次世代大型ロケット「H3」用の新型エンジン「LE9」=14日午後、鹿児島県の種子島宇宙センター

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、試験機の打ち上げを2020年度に予定する次世代大型ロケット「H3」用の新型エンジン「LE9」を、鹿児島県の種子島宇宙センターで報道陣に公開した。現行の「H2B」などに使われるエンジンより部品点数を2割ほど減らし、コストを削減。一方で燃焼ガスを送り出す量を増やし、推進力は約1.4倍という。

 LE9は全長約3.75メートル、ガスを噴射するノズルスカートの直径が約1.8メートル。重さ2.4トン。JAXAによると、4月下旬から7月中旬にかけて1号機で燃焼実験を計11回行い、起動や停止の際にも不具合はなかった。2号機では耐久性の試験を進める。

 公開された地球観測衛星「しきさい」=14日午後、鹿児島県の種子島宇宙センター
画像を拡大する
 公開された地球観測衛星「しきさい」=14日午後、鹿児島県の種子島宇宙センターフルスクリーンで見る 閉じる

 JAXAは14日、同センターから12月23日にH2Aロケットで打ち上げる地球観測衛星「しきさい」も公開。高さ約4.7メートルの直方体で重さ2トン。高度800キロを周回する。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング