産経フォト

日馬富士暴行、協会が調査 伊勢ケ浜親方は事実認める 貴乃花親方は被害届を提出

ニュース

日馬富士暴行、協会が調査 伊勢ケ浜親方は事実認める 貴乃花親方は被害届を提出

更新 sty1711140015
日本相撲協会の事情聴取に向かう貴乃花親方(右)=14日午後、福岡市の福岡国際センター 日本相撲協会の事情聴取に向かう貴乃花親方(右)=14日午後、福岡市の福岡国際センター
謝罪のため部屋を出る伊勢ケ浜親方と日馬富士=福岡県太宰府市(撮影・中島信生)
画像を拡大する
謝罪のため部屋を出る伊勢ケ浜親方と日馬富士=福岡県太宰府市(撮影・中島信生)フルスクリーンで見る 閉じる

 大相撲の東横綱日馬富士(33)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が平幕貴ノ岩(27)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃花部屋=に暴行を振るって大けがを負わせた問題を受け、日本相撲協会は14日、危機管理委員会の調査を始めると発表した。
 師匠である伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は暴行の事実を認めているが、相撲協会は日馬富士に対する処分や調査結果は九州場所中に出さず、事実関係が判明するまで先送りするという。
 春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)によると、相撲協会は14日に伊勢ケ浜親方と貴ノ岩の師匠である貴乃花親方(元横綱)を事情聴取した。貴乃花親方は、10月下旬に鳥取県警へ被害届を提出したことを報告。伊勢ケ浜親方は暴行の事実を認めた。貴乃花親方は「危機管理委員会にお任せし、指示に従う。いち早く究明したい」と述べたという。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング