産経フォト

北朝鮮、南シナ海を議論 核・ミサイル「重大懸念」

ニュース

北朝鮮、南シナ海を議論 核・ミサイル「重大懸念」

更新 sty1711140005
 記念撮影を終え笑顔を見せる(左から)韓国の文在寅大統領、安倍首相、フィリピンのドゥテルテ大統領、中国の李克強首相=14日、マニラ(代表撮影・共同)  記念撮影を終え笑顔を見せる(左から)韓国の文在寅大統領、安倍首相、フィリピンのドゥテルテ大統領、中国の李克強首相=14日、マニラ(代表撮影・共同)
 記念撮影で手を取り合う日中韓とASEAN各国の首脳ら。左から6人目は安倍首相=14日、マニラ(代表撮影・共同)
画像を拡大する
 記念撮影で手を取り合う日中韓とASEAN各国の首脳ら。左から6人目は安倍首相=14日、マニラ(代表撮影・共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 【マニラ共同】日本、中国、韓国の3カ国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議が14日、フィリピン・マニラで開かれた。核・ミサイル開発を進める北朝鮮を巡る情勢や、南シナ海問題への対処が主な議題。議長声明で北朝鮮の行動について「重大な懸念」を表明する見通し。

 議長声明案では、9月の核実験や、日本上空を通過した弾道ミサイルの発射を挙げ「挑発的で脅迫的な行動」と批判。北朝鮮に一連の行動をやめるよう求め、平和的手段による「完全かつ検証可能で不可逆的な朝鮮半島の非核化」への支持を再確認している。

 一方、中国が実効支配を強める南シナ海問題に関する記述はなく、最終的に盛り込まれるかが注目される。今年8月に採択されたASEANプラス3外相会議の議長声明では「国際法に沿った平和的な紛争解決」の必要性に言及していた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング