産経フォト

関係改善推進を確認 安倍首相、李克強氏と 早期の日中韓会談要請

ニュース

関係改善推進を確認 安倍首相、李克強氏と 早期の日中韓会談要請

更新 sty1711130025
 中国の李克強首相(右)との会談を前に握手する安倍首相=13日、マニラ(共同)  中国の李克強首相(右)との会談を前に握手する安倍首相=13日、マニラ(共同)

 安倍晋三首相は13日午後(日本時間同)、中国の李克強首相とフィリピンのマニラで会談した。日本が議長国を務める日中韓3カ国首脳会談の早期開催を要請。北朝鮮問題では核・ミサイル開発を阻止するため、圧力強化に向けて建設的な役割を果たすよう働き掛けたとみられる。両首相は日中関係改善を推進する方針を確認した。

 安倍首相は11日に中国の習近平国家主席ともベトナムで会談した。一連の外国訪問中に中国の2首脳と続けて会談するのは異例。来年が日中平和友好条約締結40年の節目に当たることを踏まえ、来年を想定する安倍首相と習氏による首脳相互往来の実現に向けた環境を整えたい意向だ。

 首相は会談冒頭で「関係改善の動きを着実なものにするため、共に努力したい」と表明。李首相も、改善の勢いを強固にしていかなければならないとの考えを伝えた。(共同)

 中国の李克強首相と会談する安倍首相=13日、マニラ(共同)
画像を拡大する
 中国の李克強首相と会談する安倍首相=13日、マニラ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 安倍首相と会談する中国の李克強首相=13日、マニラ(共同)
画像を拡大する
 安倍首相と会談する中国の李克強首相=13日、マニラ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング