産経フォト

黒曜石産地で石器も製作 島根・隠岐諸島

遺跡・建造物

黒曜石産地で石器も製作 島根・隠岐諸島

更新 sty1711130001
島根県隠岐の島町の久見宮ノ尾遺跡で見つかった槍先形尖頭器の未完成品 島根県隠岐の島町の久見宮ノ尾遺跡で見つかった槍先形尖頭器の未完成品
久見宮ノ尾遺跡の発掘現場=8月、島根県隠岐の島町
画像を拡大する
久見宮ノ尾遺跡の発掘現場=8月、島根県隠岐の島町フルスクリーンで見る 閉じる

 島根大と島根県古代文化センターは12日、同県隠岐の島町にある久見宮ノ尾遺跡(旧石器時代)は、黒曜石採掘から石器製作までする「原産地遺跡」だったと発表した。
 石器に利用しやすい良質な黒曜石の主要な産地は、国内では隠岐を含め10カ所ほどあるが、原産地遺跡は全国的に珍しい。隠岐の黒曜石石器は中国地方を中心に西日本各地に運ばれていたという。
 久見宮ノ尾遺跡では約2万2千年~1万6千年前(後期旧石器時代)の槍先形尖頭器の未完成品を含む石器5点と、加工する際に出る破片約1800点が見つかった。及川穣島根大准教授によると、石器の特徴から、東日本から移動してきた旧石器人が作ったとみられるという。
 また同町の久見高丸遺跡でも、約1万1千年前(縄文時代早期)の破片などが出土。いずれの遺跡も黒曜石原石を含む地層がある地域という。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング