産経フォト

自衛隊が離島奪回訓練 南西諸島攻撃に備え

自衛隊・ミリタリー

自衛隊が離島奪回訓練 南西諸島攻撃に備え

更新 sty1711120012
ボートで砂浜に上陸、銃を構える陸上自衛隊普通科連隊の隊員=12日午後、静岡県の沼津海浜訓練場(酒巻俊介撮影) ボートで砂浜に上陸、銃を構える陸上自衛隊普通科連隊の隊員=12日午後、静岡県の沼津海浜訓練場(酒巻俊介撮影)
砂浜に上陸する陸上自衛隊普通科連隊の隊員=12日午後、静岡県の沼津海浜訓練場(酒巻俊介撮影)
画像を拡大する
砂浜に上陸する陸上自衛隊普通科連隊の隊員=12日午後、静岡県の沼津海浜訓練場(酒巻俊介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 陸上自衛隊に2017年度末、水陸機動団を新設するなど南西諸島攻撃への備えを進める防衛省は12日、静岡県の沼津海浜訓練場で上陸訓練の様子を報道陣に公開した。
 訓練に参加したのは、水陸機動団の基幹部隊を担う相浦駐屯地(長崎県佐世保市)所属の西部方面普通科連隊をはじめとする約290人。
 敵の上陸を許した離島を奪回する想定で、ボートで次々に上陸した隊員が浜辺に腹ばいになり、小銃などを手に敵の攻撃に備えた。大きな音を立てて上陸したエアクッション艇からは車両も走りだした。

上陸を待つ海上自衛隊のエアクッション艇LCAC。後ろは輸送艦「くにさき」=12日午後、静岡県の沼津海浜訓練場沖(酒巻俊介撮影)
画像を拡大する
上陸を待つ海上自衛隊のエアクッション艇LCAC。後ろは輸送艦「くにさき」=12日午後、静岡県の沼津海浜訓練場沖(酒巻俊介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
上陸した海上自衛隊のエアクッション艇LCACから砂浜に降りる高機動車=12日午後、静岡県の沼津海浜訓練場(酒巻俊介撮影)
画像を拡大する
上陸した海上自衛隊のエアクッション艇LCACから砂浜に降りる高機動車=12日午後、静岡県の沼津海浜訓練場(酒巻俊介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング