産経フォト

双子チンパンジーを初公開 名古屋の東山動植物園

生き物

双子チンパンジーを初公開 名古屋の東山動植物園

更新 sty1711070006
 一般に初公開された、母親に抱かれる双子のチンパンジー=7日午前、名古屋市の東山動植物園  一般に初公開された、母親に抱かれる双子のチンパンジー=7日午前、名古屋市の東山動植物園
 一般に初公開された、母親に抱かれる双子のチンパンジー=7日午前、名古屋市の東山動植物園
画像を拡大する
 一般に初公開された、母親に抱かれる双子のチンパンジー=7日午前、名古屋市の東山動植物園フルスクリーンで見る 閉じる

 名古屋市の東山動植物園は7日、10月に生まれたチンパンジーの双子を一般に初公開した。同園によると、双子は国内9例目だが、2匹とも元気に育つことはまれで、順調に成長すれば高知県立のいち動物公園(香南市)に次いで2例目という。

 10月21日生まれの双子はいずれも雌で、生まれた時の大きさは体長約24センチ、体重は1500グラムほどだった。母親による自然育児で経過観察を続けてきた。名前はまだなく、募集を検討している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング