産経フォト

ロシアと陣営の接近図る トランプ氏の元外交顧問

ワールド

ロシアと陣営の接近図る トランプ氏の元外交顧問

更新 sty1710310010
 米大統領候補だったトランプ氏が2016年3月31日にツイッターのアカウントに掲載した写真。首都ワシントンでの国家安全保障の会議と題され、左から3人目にパパドプロス氏が座る。(David Ake、AP=共同)  米大統領候補だったトランプ氏が2016年3月31日にツイッターのアカウントに掲載した写真。首都ワシントンでの国家安全保障の会議と題され、左から3人目にパパドプロス氏が座る。(David Ake、AP=共同)

 昨年の米大統領選でトランプ陣営の外交顧問を務めたジョージ・パパドプロス氏が昨年4月、民主党のクリントン元国務長官の「醜聞」を示すメールをロシア政府が大量に持っているとの情報を得て、陣営幹部とロシア高官の接触を積極的に図っていたことが30日、モラー特別検察官が発表した文書で分かった。

 米ホワイトハウスで開かれたハロウィーンのイベントに出席したトランプ大統領(中央左)とメラニア夫人(中央右)=30日(UPI=共同)
画像を拡大する
 米ホワイトハウスで開かれたハロウィーンのイベントに出席したトランプ大統領(中央左)とメラニア夫人(中央右)=30日(UPI=共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 メール関連の情報がパパドプロス氏に伝えられたのは、クリントン陣営責任者のコンピューターがハッキングされた約1カ月後だった。米メディアはロシア政府とトランプ陣営が選挙中、共謀した可能性を示す重要な情報として注目している。
 モラー氏が率いるロシア疑惑捜査で訴追されたトランプ陣営幹部はパパドプロス氏を含め計3人に上り、トランプ政権の警戒感は強まっている。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング