産経フォト

井山、初の全七冠復帰か 囲碁、2度目の独占に挑む

伝統・文化

井山、初の全七冠復帰か 囲碁、2度目の独占に挑む

更新 sty1710170005
 第42期名人戦7番勝負の第5局2日目に臨む井山裕太碁聖=17日午前、静岡県熱海市  第42期名人戦7番勝負の第5局2日目に臨む井山裕太碁聖=17日午前、静岡県熱海市
 第42期名人戦7番勝負の第5局2日目に臨む井山裕太碁聖。右は高尾紳路名人=17日午前、静岡県熱海市
画像を拡大する
 第42期名人戦7番勝負の第5局2日目に臨む井山裕太碁聖。右は高尾紳路名人=17日午前、静岡県熱海市フルスクリーンで見る 閉じる

 囲碁、将棋界を通じて初となる2度目の全七冠独占にあと1勝と迫った井山裕太碁聖(28)が、高尾紳路名人(40)に挑戦している囲碁の第42期名人戦7番勝負第5局の2日目は17日、静岡県熱海市で始まった。

 対局が再開し、黒番(先手番)の井山碁聖は、中央に勢力を築く大胆な作戦に出た。緊迫した戦いが続いている。

 昨年4月、初の全七冠同時制覇を達成したが、同11月に名人を失って6冠に後退。現在は名人以外の棋聖、本因坊、王座、天元、碁聖、十段の6冠を保持している。名人に復帰すれば、史上初の快挙を成し遂げる。

 対局は持ち時間各8時間の2日制で、17日夜には終局する見込み。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング