産経フォト

ドゥカティのドビツィオーゾが優勝 オートバイ日本GP決勝

自動車

ドゥカティのドビツィオーゾが優勝 オートバイ日本GP決勝

更新 sty1710150008
モトGPクラスで今季5勝目を挙げたアンドレア・ドビツィオーゾ。後ろは2位のマルク・マルケス=ツインリンクもてぎ モトGPクラスで今季5勝目を挙げたアンドレア・ドビツィオーゾ。後ろは2位のマルク・マルケス=ツインリンクもてぎ
モト2クラスで6位に終わった中上貴晶=ツインリンクもてぎ
画像を拡大する
モト2クラスで6位に終わった中上貴晶=ツインリンクもてぎフルスクリーンで見る 閉じる

 オートバイの世界選手権シリーズ第15戦、日本グランプリ(GP)は15日、栃木県ツインリンクもてぎで決勝が行われ、最高峰のモトGPクラスは9番手スタートのアンドレア・ドビツィオーゾ(イタリア、ドゥカティ)が終盤の激しい競り合いを制し、今季5勝目、通算7勝目を挙げた。
 昨季総合王者のマルク・マルケス(スペイン、ホンダ)が僅差の2位。日本勢は中須賀克行(ヤマハ)の12位が最高で、青山博一(ホンダ)は18位、野左根航汰(ヤマハ)はリタイアした。モト2クラスでは来季モトGPに昇格する中上貴晶(カレックス)がポールポジション(PP)から出たが、6位に終わった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング