産経フォト

いい湯だニャ~♪ 京都の銭湯に〝番台猫〟

生き物

いい湯だニャ~♪ 京都の銭湯に〝番台猫〟

更新 sty1710140006
銭湯「さくらゆ」のアイドル猫「うに」。準備中のロビーは最高の遊び場。下駄箱でかくれんぼ、見つかると「まぁだだよ!」とばかりに猫パンチ!=京都市東山区(尾崎修二撮影) 銭湯「さくらゆ」のアイドル猫「うに」。準備中のロビーは最高の遊び場。下駄箱でかくれんぼ、見つかると「まぁだだよ!」とばかりに猫パンチ!=京都市東山区(尾崎修二撮影)
銭湯「さくらゆ」のアイドル猫「うに」。準備中のロビーは最高の遊び場だ=京都市東山区(尾崎修二撮影)
画像を拡大する
銭湯「さくらゆ」のアイドル猫「うに」。準備中のロビーは最高の遊び場だ=京都市東山区(尾崎修二撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 猫が銭湯の番台を務めていると聞いて京都市東山区の「さくらゆ」さんを訪ねた。
 京都駅から塩小路通を東へ徒歩で約15分。マンションの1階部分、レトロモダンを感じさせる入口からのぞき込むと…いた!猫の番台さんだ。
 山本みち子さん(69)が亡夫・満(みつぐ)さんとともに営んできた「さくらゆ」は、先代が戦後まもなく開業し、長きにわたって地元の人々の癒やし処となってきた。
 なぜ猫が?と尋ねると「動物好きが高じて、店の前にいたノラ猫の世話をしているうちに、不妊手術もして家の子になっちゃったの」「猫も犬も好きだし、かわいいでしょう?」とみち子さん。

銭湯「さくらゆ」の看板猫「こころ」。番台でお客さんを出迎える姿には風格さえ漂う=京都市東山区(尾崎修二撮影)
画像を拡大する
銭湯「さくらゆ」の看板猫「こころ」。番台でお客さんを出迎える姿には風格さえ漂う=京都市東山区(尾崎修二撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 多いときには合わせて9匹の猫を自宅と店で飼っていたが、里子に出すなどして現在は5匹の猫と暮らす。
 「次男のお嫁さんがSNSで情報を発信しはじめてからは、東京から猫に会いに来るお客さんも増えた」のだとか。まさに「リアル招き猫」だ。
 奮闘する母・みち子さんを手伝うのは長男・大樹(たいじゅ)さん(42)。見るからに屈強な体は、ラグビーで鍛えられた。名門「伏見工高ラグビー部」の主将を務めた〝本物〟だ。そんな大樹さんが目を細めて「かわいいですよね、自分らも癒やされます」と猫を撫でる姿に、見ている方まで幸せな気持ちになってしまう。

銭湯「さくらゆ」の看板猫「ジョン」。少し引っ込み思案だけど、常連客のひざには乗ってくる甘えん坊な一面も=京都市東山区(尾崎修二撮影)
画像を拡大する
銭湯「さくらゆ」の看板猫「ジョン」。少し引っ込み思案だけど、常連客のひざには乗ってくる甘えん坊な一面も=京都市東山区(尾崎修二撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 常連さんにも猫好きが多く「自分らにはあいさつしなくても、猫には声を掛けてご機嫌を伺う人もいますよ」と笑う大樹さん。「常連さんにとってアニマルセラピーになっていれば嬉しい」と話す。
 茶トラの仲良し兄弟「うに」と「きらら」はやんちゃ盛り。扉の開いた下駄箱に飛び込んでかくれんぼをしたり、開店準備中の湯上がりスペースを我が物顔で駈け回っていた。
 マイペースな猫たちとひとしきり遊んだ後に汗を流すのも良し、風呂上がりにのんびり猫と遊ぶのも良し…。
 京都駅への帰路、少し回り道をして鴨川に架かる七条大橋を歩いた。川のせせらぎとともに、涼やかな風が吹き上げ、火照った体を冷ましてくれる。熱めのお湯に浸かって体を癒やし、猫に心を癒やされて…猫好きにとっては最高のひとっ風呂になった。(写真報道局 尾崎修二)

【さくらゆのフェイスブック】

→【肉球マニアに捧ぐ】これまでの記事← 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング