産経フォト

金井さん「準備万端」 宇宙滞在の訓練公開

ニュース

金井さん「準備万端」 宇宙滞在の訓練公開

更新 sty1710130001
 国際宇宙ステーションに物資を運ぶ米国のドラゴン宇宙船を、ロボットアームでつかむシミュレーションを実施する金井宣茂さん=12日、米テキサス州ヒューストン(共同)  国際宇宙ステーションに物資を運ぶ米国のドラゴン宇宙船を、ロボットアームでつかむシミュレーションを実施する金井宣茂さん=12日、米テキサス州ヒューストン(共同)
 訓練で、気圧計を手に空気が漏れている場所を探る金井宣茂さん(左)=12日、米テキサス州ヒューストン(共同)
画像を拡大する
 訓練で、気圧計を手に空気が漏れている場所を探る金井宣茂さん(左)=12日、米テキサス州ヒューストン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 12月から国際宇宙ステーションに滞在する宇宙飛行士の金井宣茂さん(40)が12日、米テキサス州ヒューストンの米航空宇宙局(NASA)ジョンソン宇宙センターで訓練を公開した。金井さんは「訓練を何回も繰り返してきた。準備は万端、行くぞという気持ちだ」と心境を語った。

 金井さんは宇宙滞在中の医学実験を想定し、体温などの健康状態のデータを測る装置を額や腕に装着。NASAとロシアの飛行士らとともに、空気の漏れや火災など、命が危険にさらされる非常事態の訓練に臨んだ。

 訓練で、共に国際宇宙ステーションに滞在する米国のスコット・ティングルさん(右)と緊急時の行動を確認する金井宣茂さん。腕や額に医学実験用の装置を着けている=12日、米テキサス州ヒューストン(共同)
画像を拡大する
 訓練で、共に国際宇宙ステーションに滞在する米国のスコット・ティングルさん(右)と緊急時の行動を確認する金井宣茂さん。腕や額に医学実験用の装置を着けている=12日、米テキサス州ヒューストン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 訓練で金井さんは、ステーション内のトイレで尿をためるタンクから液体が漏れているのを発見。尿を処理する危険な薬剤が流れ出ている可能性があるため、他の飛行士を呼び集めて特殊な布で拭き取った。

 空調などに使っているアンモニアが配管の破損などで充満した想定では、速やかにガスマスクを着けて避難した。(ヒューストン共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング