産経フォト

清少納言の衣装を新調 京都、時代祭を前に公開

伝統・文化

清少納言の衣装を新調 京都、時代祭を前に公開

更新 sty1710120007
京都三大祭りの一つ「時代祭」に向けて新調された清少納言の衣装=12日午後、京都市 京都三大祭りの一つ「時代祭」に向けて新調された清少納言の衣装=12日午後、京都市
京都三大祭りの一つ「時代祭」に向けて新調された清少納言の衣装(左)=12日午後、京都市
画像を拡大する
京都三大祭りの一つ「時代祭」に向けて新調された清少納言の衣装(左)=12日午後、京都市フルスクリーンで見る 閉じる

 京都三大祭りの一つ「時代祭」が22日に開かれるのを前に、随筆「枕草子」の作者として知られる清少納言の衣装が新調され、京都市左京区の平安神宮で12日、報道陣に公開された。
 新調されたのは、十二単のうち、朱色の打衣などで、鮮やかな光沢を出すために、西陣織の布地の上から、つばき油やろうを塗り重ねた。紫式部や小野小町らと共に「平安時代婦人列」に登場する。今回はこのほか江戸時代の竹籠など213点を新調、182点を補修した。
 時代祭では、平安時代から明治維新までの人物に扮した市民ら約2千人の行列が、京都御苑から平安神宮までの約4.5キロを練り歩く。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング