産経フォト

神鋼 新たな不正の可能性 「内外に疑わしい事案」

ニュース

神鋼 新たな不正の可能性 「内外に疑わしい事案」

更新 sty1710120005
 性能データ改ざん問題の経緯を説明後、取材に応じる神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長=12日午前、東京都千代田区の経産省(飯田英男撮影)  性能データ改ざん問題の経緯を説明後、取材に応じる神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長=12日午前、東京都千代田区の経産省(飯田英男撮影)
 性能データ改ざん問題の経緯を説明後、取材に応じる神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長=12日午前、東京都千代田区の経産省(飯田英男撮影)
画像を拡大する
 性能データ改ざん問題の経緯を説明後、取材に応じる神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長=12日午前、東京都千代田区の経産省(飯田英男撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 アルミニウム製品の性能データを改ざんしていた神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長は12日午前、経済産業省で記者団に「(現在判明している不正以外にも)国内、海外で疑わしい事案はある」と述べた。問題製品の納入先から損害賠償を求められる可能性もあるとした。製品の安全性の検証を終えた段階で経営責任を明確にする。今後も不正発覚が相次げば、進退を含め重い決断を迫られそうだ。

 2週間程度をめどに安全性の検証結果をまとめ、1カ月以内に原因と対策を公表する。川崎氏が問題発覚後に公の場に姿を見せたのは初めて。同氏は「(神戸製鋼の)信頼はゼロに落ちた。私をトップとして信頼回復に努めたい」と語った。

 川崎氏はこの日、経産省の多田明弘製造産業局長と面会した。川崎氏は「顧客や消費者にご心配をお掛けし、深くおわび申し上げる」と謝罪。不正の経緯を報告した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング