産経フォト

つかまり立ちもお手の物 シャンシャン、生後4カ月 12月ごろからの一般公開検討

生き物

つかまり立ちもお手の物 シャンシャン、生後4カ月 12月ごろからの一般公開検討

更新 sty1710110002
 10日、柵に前足をかけて立ち上がろうとするシャンシャン=東京・上野動物園(東京動物園協会提供)  10日、柵に前足をかけて立ち上がろうとするシャンシャン=東京・上野動物園(東京動物園協会提供)
 10日、産室内で歩くシャンシャン=東京・上野動物園(東京動物園協会提供)
画像を拡大する
 10日、産室内で歩くシャンシャン=東京・上野動物園(東京動物園協会提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 上野動物園(東京都台東区)は11日、誕生から4カ月となったジャイアントパンダの赤ちゃん、シャンシャン(香香、雌)の体重が10日前より800グラム増え、7・7キロになったと発表した。歩く範囲が広がり、産室の柵に前足を掛けて立つ「つかまり立ち」もできるようになった。
 身体検査は生後120日となった10月10日に実施。体長は1・8センチ伸びて69・8センチとなった。犬歯や食べ物をすりつぶすための臼歯が生えてきており、口の中がかゆいためか、竹や柵をかむしぐさも見せている。

 10日、身体検査中のシャンシャン=東京・上野動物園(東京動物園協会提供)
画像を拡大する
 10日、身体検査中のシャンシャン=東京・上野動物園(東京動物園協会提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 渡部浩文副園長は「安定した順調な成長ぶりだ。今後は行動範囲が広がるので、けががないように注意したい」と話した。
 動物園は生後6カ月となる12月ごろから、母子の一般公開を始めることを検討している。






スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング