産経フォト

スマホアプリでゾンビ捕獲 USJ、イベントと連動

イベント・祭典

スマホアプリでゾンビ捕獲 USJ、イベントと連動

更新 sty1710110001
 アプリ「ゾンビ・ハンティング」の提供が始まり、ゾンビにスマートフォンを向ける入場者=10日夜、大阪市のUSJ  アプリ「ゾンビ・ハンティング」の提供が始まり、ゾンビにスマートフォンを向ける入場者=10日夜、大阪市のUSJ
 ゾンビを「捕獲」できるアプリ「ゾンビ・ハンティング」のトップ画面(USJ提供)
画像を拡大する
 ゾンビを「捕獲」できるアプリ「ゾンビ・ハンティング」のトップ画面(USJ提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は10日、開催中のハロウィーンイベントと連動し、夜のパーク内に出現するゾンビをスマートフォンで「捕獲」できるアプリ「ゾンビ・ハンティング」の提供を始めた。
 こうしたアプリは、現実とコンピューターの世界を組み合わせた「拡張現実(AR)ゲーム」と呼ばれる。USJでは初の試みで、集客増を狙う。11月5日まで。
 入場者はスマホに専用アプリをダウンロードし、衛星利用測位システム(GPS)機能を使ってゾンビの出現場所を確認。画面の指示に従い20種類のうち9種類を捕獲・収集すると「ゾンビ図鑑」が完成し、抽選でアトラクションの優先入場券が当たる。
 10日は午後6時にイベントが始まると、奇声を上げてまとわりつくゾンビに入場者が次々とスマホを向けた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング