産経フォト

「結浜」母からひとり立ち 和歌山・白浜の子パンダ

生き物

「結浜」母からひとり立ち 和歌山・白浜の子パンダ

更新 sty1710100009
 母親の元を離れ、ひとり暮らしを始めたジャイアントパンダの「結浜」=10日、和歌山県白浜町  母親の元を離れ、ひとり暮らしを始めたジャイアントパンダの「結浜」=10日、和歌山県白浜町
 母親の元を離れ、ひとり暮らしを始めたジャイアントパンダの「結浜」=10日、和歌山県白浜町
画像を拡大する
 母親の元を離れ、ひとり暮らしを始めたジャイアントパンダの「結浜」=10日、和歌山県白浜町フルスクリーンで見る 閉じる

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で昨年9月に生まれた雌のジャイアントパンダ「結浜」が10日、母親の「良浜」の元を離れ、ひとり暮らしを始めた。
 応援イベントが開かれ、スタッフが「未来へ一歩」と書いた氷やボールの遊具をプレゼント。結浜はかじったり、なめたりして気に入った様子で、来場者を喜ばせた。
 結浜は体重約31キロ。これまでの食事は母乳と人工ミルクが中心だったが、永久歯がほぼ生えそろい、竹を食べる練習を始めている。野生のパンダも、1~2歳で単独生活をするという。
 友達と旅行で来た新潟県長岡市の会社員小林洋子さんは「かわいかった。強く生きていってほしい」と目を細めていた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング