産経フォト

近鉄特急が70周年 15億人利用、大阪で式典

鉄道

近鉄特急が70周年 15億人利用、大阪で式典

更新 sty1710080009
近鉄特急が登場から70周年を迎え、記念列車の横で手を振る「中川家」の礼二さん(左端)ら=8日午前、大阪市の大阪上本町駅 近鉄特急が登場から70周年を迎え、記念列車の横で手を振る「中川家」の礼二さん(左端)ら=8日午前、大阪市の大阪上本町駅
近鉄特急が登場から70周年を迎え、出発する記念列車=8日午前、大阪市の大阪上本町駅
画像を拡大する
近鉄特急が登場から70周年を迎え、出発する記念列車=8日午前、大阪市の大阪上本町駅フルスクリーンで見る 閉じる

 大阪と名古屋などを結ぶ近畿日本鉄道の特急列車が8日、登場から70周年を迎え、近鉄が大阪上本町駅(大阪市)で記念式典を開いた。
 近鉄によると、1947年に私鉄では戦後初めて、運賃のほかに特急料金が必要な列車として大阪と名古屋の間で運行を開始。その後も路線を増やし、これまでに累計で約15億人が観光やビジネスなどで利用している。
 式典には鉄道ファンとして知られる兄弟漫才コンビ「中川家」の礼二さんが、近鉄乗務員の制服姿で出席し「若手時代に大阪から名古屋に営業に行く時は近鉄特急によく乗った」とあいさつ。式典後に出発した記念列車に乗り込んだ。
 近鉄特急は、51年に始めた車内のおしぼりサービスや57年の公衆電話の設置など、当時としては画期的な取り組みを重ね話題を集めた。64年の東海道新幹線の開業により大阪と名古屋間の客数は減少したが、その後は京都や奈良、伊勢志摩など観光客に人気の各方面へ路線網を拡大することで対抗。現在の特急の路線距離は計約400キロに及ぶ。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング