産経フォト

ホンダ、国内生産を再編 狭山工場停止、寄居へ集約

自動車

ホンダ、国内生産を再編 狭山工場停止、寄居へ集約

更新 sty1710040008
記者会見するホンダの八郷隆弘社長=4日午後、東京都港区 記者会見するホンダの八郷隆弘社長=4日午後、東京都港区
記者会見後、報道陣の質問に答えるホンダの八郷隆弘社長(中央)=4日午後、東京都港区
画像を拡大する
記者会見後、報道陣の質問に答えるホンダの八郷隆弘社長(中央)=4日午後、東京都港区フルスクリーンで見る 閉じる

 ホンダは4日、国内生産体制を再編すると発表した。埼玉県内に二つある完成車工場のうち、狭山工場(狭山市)を停止し、2021年度をめどに最新の寄居工場(寄居町)に集約するのが柱となる。電気自動車(EV)など新技術への対応を強化する狙いだ。
 狭山工場の従業員は寄居工場を中心に配置転換し、雇用を維持する。跡地は改めて活用を検討する。八郷隆弘社長は東京都内で記者会見し「日本のものづくりの競争力を強化しないといけない」と述べた。
 少量モデルの生産体制を効率化するため、子会社の八千代工業から軽自動車生産事業を取得する方向で協議を始めることも打ち出した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング