産経フォト

古墳時代後期の矢入れ具 底板出土、宮崎・えびの

遺跡・建造物

古墳時代後期の矢入れ具 底板出土、宮崎・えびの

更新 sty1709300002
 宮崎県えびの市で出土した、弓矢を収納する武具「平胡●(=竹かんむりに禄の旧字体)」の木製底板(えびの市教委提供)  宮崎県えびの市で出土した、弓矢を収納する武具「平胡●(=竹かんむりに禄の旧字体)」の木製底板(えびの市教委提供)

 宮崎県えびの市にある古墳時代後期(6世紀前半)の「島内139号地下式横穴墓」から、弓矢を収納して腰に下げる武具「平胡●(=竹かんむりに禄の旧字体)」の木製底板1枚が、ほぼそのままの形状で見つかった。同市教育委員会が29日までに発表した。市教委社会教育課は「最古級のもので、良好な状態を保っていたのは初めて」としている。

 宮崎県えびの市の遺跡から出土した底板部を基に描かれた「平胡●(=竹かんむりに禄の旧字体)」の復元模式図(鹿児島大総合研究博物館提供)
画像を拡大する
 宮崎県えびの市の遺跡から出土した底板部を基に描かれた「平胡●(=竹かんむりに禄の旧字体)」の復元模式図(鹿児島大総合研究博物館提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 同課によると、底板は2014年に発掘。幅33.4センチ、奥行き3.6センチ、厚さ2センチ。織物や毛皮、銅や鉄の板が金具で留まっていた。近くで出土した矢の断片をつなぎ合わせて復元した結果などから、平胡●(=竹かんむりに禄の旧字体)は推定で高さ80センチ前後。埋葬された人が大和政権の中枢から譲り受け、儀礼で用いていたとみられる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング