産経フォト

舞妓ら本番へ総仕上げ 京舞井上流「温習会」

伝統・文化

舞妓ら本番へ総仕上げ 京舞井上流「温習会」

更新 sty1709290007
 温習会を前に、総仕上げの通し稽古「大ざらえ」で舞を披露する祇園甲部の舞妓=29日午前、京都市左京区  温習会を前に、総仕上げの通し稽古「大ざらえ」で舞を披露する祇園甲部の舞妓=29日午前、京都市左京区
 温習会を前に、総仕上げの通し稽古「大ざらえ」で舞を披露する祇園甲部の舞妓=29日午前、京都市左京区
画像を拡大する
 温習会を前に、総仕上げの通し稽古「大ざらえ」で舞を披露する祇園甲部の舞妓=29日午前、京都市左京区フルスクリーンで見る 閉じる

 京都五花街の一つ、祇園甲部の芸妓や舞妓が出演する京舞井上流の公演「温習会」本番へ向け、総仕上げの通し稽古「大ざらえ」が29日、京都市左京区の京都芸術劇場春秋座で行われた。

 この日は、舞妓らが家元の五世井上八千代さんの長女安寿子さんが振り付けた端唄「紅葉の橋」などを練習。八千代さんも客席から顔の上げ方や体の向きなどを指導し、丁寧に修正した。

 公演は10月1~6日の午後4時開演で、芸舞妓ら88人が出演予定。昨年までは京都市東山区の祇園甲部歌舞練場が舞台だったが、耐震改修で休館中のため、春秋座で行う。指定席8500円。問い合わせは祇園甲部歌舞会、電話075(561)1115。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング